USBメモリーからUbuntu Serverをインストール

サーバ向けUbuntuをUSBメモリーから新規インストールしようとしたら、途中でエラーが出てインストール出来なかった。原因は、ISOイメージをUSBメモリーに書き込むアプリ(Unetbootinなど)がサーバ向けUbuntuのISOイメージを正しく変換できないこと。サーバ向けUbuntuのISOイメージは、書き込みソフトを使わずにUSBメモリーにddコマンドなどでそのまま書き込むとインストールできる。

Ubuntu 12.10以降のデスクトップ版のISOイメージファイルのサイズがCDの最大容量を越えてしまい、イメージファイルはDVDに焼くかUSBメモリーに書き込んでインストールするようになりました。Ubuntuのサーバ版はまだCDに収まるサイズですが、デスクトップ版と同じくUSBメモリーに書き込んでインストールしてみました。

USBメモリーを使ったインストール方法

USBメモリーからのインストールは、CD-RにISOイメージを焼く代わりに変換ソフトを使ってUSBメモリーに書き込みます。その後は通常のインストール手順と全く同じです。

  1. 配布されているISOイメージファイルをダウンロードします。USBメモリーに書き込むソフトにダウンロード機能が付いている物もありますが、ネットワーク的に近いところからダウンロードしておいた方が時間の節約になります。
  2. ダウンロードしたISOイメージファイルをUnetbootinなどのソフトを使ってUSBメモリーから起動できるように変換してUSBメモリーに書き込みます。
  3. UbuntuをインストールしたいマシンにUSBメモリーを挿しこみ、このメモリーから起動させます。
  4. 指示に従ってUbuntuをインストールします。

サーバ版のUbuntuはUSBメモリーからインストールできない

デスクトップ版の場合はこれで問題なくインストールできるのですが、サーバ版のUbuntuをこの方法でインストールしようとすると最後のところで次のようなエラーが表示されてインストールに失敗してしまいました。

IMG_0280

ISOイメージが壊れているのかと思い何ヵ所かの違ったミラーサイトからダウンロードしてみましたが同じようにインストールに失敗しました。またOSのバージョンに問題があるのかと思いUbuntu 12.04 LTSではなく最新の13.04も試してみましたが、これも同じくインストールに失敗しました。

確認のためデスクトップ向けのUbuntuを試してみると、こちらはUbuntu 12.04 LTSと13.04の両方とも問題なくOSをインストールできました。

USBメモリーに書き込むソフトの問題かと思いUnetbootinからLinux Live USB Creatorに変えてみましたが、これも上と同じくデスクトップ向けのUbuntuはインストールできるがサーバ向けだとインストールに失敗しました。

これらの結果からサーバ版のUbuntuはISOイメージファイルをUSBメモリーに書き込むソフトが正しく変換できないためにインストールに失敗するのだと結論しました。

サーバ版のISOイメージはddコマンドでUSBメモリーに書き込む

ここでもう一度Googleで検索すると、まさにこの問題について書かれたページが見つかりました。そのページからUbuntuのバグ情報ページに進むと解決方法が書かれていました。

解決方法はシンプルで次のどちらかです。

  • USBメモリーを使わずCD(DVD)からインストールする。
  • ISOイメージファイルをべた書きツールを使ってUSBメモリーに書き込む。

そこでLinuxのべた書きコマンドddを使って次のようにサーバ向けのUbuntu 12.04 LTSをUSBメモリーに書き込んだところ、問題なくインストールに成功しました。

sudo dd if=ubuntu.iso of=/dev/sdb bs=4096

注意:ofに指定するデバイスファイル名は、環境・マシンにより異なります。この出力先ファイル名を間違えると悲惨な結果になります。

Windowsでddコマンド同じ働きをするアプリはDD for Windows(DDWin)で、これでも同じようにインストール出来る事を確かめています。

Windowsでの再利用にはUSBメモリーを完全フォーマットする

インストールに使用したUSBメモリーはISOファイルシステムになっています。そのため通常のUSBメモリーとしてWindowsで使用するには、クイックフォーマットではなく完全なフォーマットをしてWindowsのファイルシステムにする必要があります。

試した書き込みソフトとUbuntuのバージョン

ISOイメージファイルをUSBメモリーに書き込むには、次の3つを使用しました。

  • Windows版 unetbootin-585
  • Linux版 unetbootin
  • Windows版 Linux Live USB Creator(2.8.18)

ISOイメージファイルは、次の四種類を試しました。括弧内は、ISOイメージファイルを変換してUSBに書き込むソフトを使った場合のインストール結果です。

  • ubuntu-12.04.3-sever-amd64.iso(インストール失敗)
  • ubuntu-13.04-server-amd64.iso(インストール失敗)
  • ubuntu-13.10-server-amd64.iso(インストール失敗)
  • ubuntu-13.04-desktop-amd64.iso(インストール成功)