Xperia ray(ST18i)を海外から個人輸入

個人輸入というと大げさですが、手続きはアメリカのAmazonから本を買うのと大して違いはありませんでした。また到着までにかかる時間も注文から3日と非常にスピーディでした。

Xperia miniは、コンパクト過ぎた

オークションで購入したXperia mini(ST15i)は、カードサイズのスマートフォンとして便利に使っていました。大抵のことは問題ないのですが、「モバツイtouch」でツイート文の入力欄が隠れてしまってやはりちょっと使いにくいというのが正直な感想です。

そこでもう一回り大きなスマホとして目を付けたのが同じXperiaシリーズのXperia rayです。

Xperia rayを海外通販サイトで購入

スマホの中古ショップでの相場は、だいたい1万5千円から2万円を切る位でした。一方、海外の通販サイトを見ると送料を加えても日本円にして2万円を少し超える程度(3月下旬の価格)でした。そこで、新品でSIMフリーというプレミアムが付くので、多少のリスクはあっても海外の通販サイトから購入する事にしました。

スマホを扱う海外の通販サイトは、1shopmobile.comexpansysというサイトが実績も豊富で、まずまず信用できそうです。

expansysは、販売価格が円建てで分かりやすいのですが、1shopmobile.comよりも常に少し高い値段になっています。そこで1shopmobile.comか購入する事にしました。

1shopmobile.comで購入時の注意点

いくら利用実績があってまずまず信用できそうなサイトだとしても、やはりクレジットカードの情報を知らない会社に送るのは不安があります。しかし1shopmobile.comで購入する時には、この会社に直接カード情報を送るのではなく、もう少し信用できるGoogleのGoogle Walletというサービスを仲立ちとして支払います。これでだいぶ安心です。

Google Walletの使い方はPayPalを使った支払いとほとんど変わりません。ただし一つ注意する必要があるのは、住所の入力をローマ字で入力しないといけないということです。

住所をローマ字で入力するのは、海外のサイトだから当たり前と言われそうです。しかし県名の選択肢にローマ字表記と並んで漢字で東京都や大阪府というのもありました。そこで日本語で入力しても良いのかと思い入力したものの受け付けてもらえず「あれ?」としばらく悩んでしまいました。

注文完了からの流れ

注文を完了すると、確認のメールがGoogleから送られてきます。これ以降のステータス確認は、Google Walletのページで行います。

今回は、4月4日の夜に注文して、翌5日の夜に発送されていました。発送されると荷物の追跡番号がGoogle Walletのページに書かれます。

追跡番号が決まれば、今回はEMSを使っての発送ですので、日本郵便のサイトで荷物の追跡をすることができます。ただし日本に到着する前から日本郵便のサイトで追跡できるというのは何とも不思議です。全世界で共通のシステムなのでしょうか?

そうこうしている内にあっという間に日本に到着して、EMSは速達扱いなので税関を通過した当日の7日夜には配達されました。時間的には国内での通販とほとんど変わらないスピーディさです。

超コンパクト、カードサイズのスマートフォンXperia mini(ST15i a.k.a. S51SE)

スマートフォンを選ぶ基準はユーザ毎に異なるでしょうが、私が重視するのはコンパクトさ。そしてついに超コンパクトなスマートフォンXperia miniを見つけました。

スマートフォンは、この1年で急速に普及しました。ちょっと前まではiPhoneを使っている人を見ると「おっ!」と思っていましたが、最近では全く気にも留めないくらい普通な光景です。

スマートフォンの普及に伴い端末の選択肢も非常に豊富になりました。その結果、たくさん機種があり過ぎてどれを選ぶかかなり迷いました。私がスマートフォンに一番期待したのは、外に出ている時にふと思ったことをその場で検索できることです。そのためWebページが読みやすい大画面の端末を選びました。現在使っているGalaxy NEXUS(SC-04D)は、Webページなど文字がたくさん書かれている画面でも読むのが苦になりません。

大画面スマートフォンは、携帯に不便

大画面の端末は見やすくて便利な半面、携帯が不便でした。Galaxy NEXUSは、これまでのケータイに比べて2倍くらい大きいので、ポケットに入れておくには収まりが悪いし、首から下げておくのはブラブラして邪魔な気がします。大抵の女性のように常にバッグを持っていればその中に入れておくということも可能ですが、使いたい時にサッと出てこないのももどかしい気がします。

その結果、購入したスマートフォンは通勤鞄と常にペアとなって、これまでのケータイを手放せないでいました。

カードサイズの超小型スマートフォン

そこで画面が小さくなってもポケットに入れていても違和感のない小型のスマートフォンが無いかと中古のスマホ売り場にしばらく通っていました。

するとS51SEというSony Ericsson製の端末を見つけました。S51SEは、非常にコンパクトでクレジットカードと同じ大きさで、これまで使っていたケータイよりも小さい位です。Galaxy NEXUSに比べると、面積比で半分位です。

Xperia miniはカードサイズ

Xperia miniは、これまでのケータイより小型

ただしこのS51SEは、イーモバイル向けの端末です。一般的に日本で発売されている端末の多くは他社のSIMカードを入れても使えないようにSIMロックが掛けられていまが、調べてみると実はSIMフリーで実際にS51SEにDocomoのSIMを入れて使えたというようWebページも見つかりました。

そこで買う決意をしてお店に行くと、この端末は既に売れてしまっていました。

S51SEの国際版Xperia miniを入手

なんとなく諦めきれずにYahoo!オークションを見ていたらS51SEの国際版、正真正銘のSIMフリーなXperia mini(ST15i)を見つけました。これならばSIMロックの心配はありません。

もう迷う要素は無いのでエイヤッと入札札し、数日後には端末が手元に届きました。

国際版のXperia miniは、標準で日本語が使える

国際版のXperia mini(ST15i)とは言っても、標準で日本語が使えます。設定で日本語を選べば表示が日本語化され、POBoxが初めから入っているので日本語入力に不自由はありません。またXperia mini(ST15i)の画面は、480×320ドットとGalaxy NEXUS(1280×720ドット)に比べるとぐっと小さいが、使ってみてそれほど不便は感じませんでした。

Xperia miniの気になる点

ただちょっと気になる点が2ヶ所あります。

一つ目は、モバツイtouchでツイートを入力する時にソフトキーボードと変換候補が表示されると入力欄が完全に隠されてしまいます。Gmailだと問題ないので、入力欄を表示する場所のデザインによるのだと思います。

もう一つは、表示される日本語フォントが見慣れない書体だということです。だいたいの文字は違和感ないのですが、「今」や「空」の字形がパソコンやケータイなどで見かける字形と異なっています。慣れの問題と言えるのかもしれませんが、ちょっと気になります。

参考:イーモバが国内最小・最軽量アンドロイド『Sony Ericsson mini(S51SE)』発表(AriaやXperiaとの比較、触ってきたレポート追記)