IIJmioはDocomoと遜色ない ― MVNO回線(b-mobileとIIJmio)の実効速度比較

スマホの維持費を安くるるためにMVNO回線のIIJmio「高速モバイル/D」を導入しました。実効通信速度を測定してみたところ、docomoの回線と遜色ない速さである事を確認しました。しかし比較対象としたb-mobileの回線速度は、明らかにIIJmioやdocomoよりも遅いことが分かりました。

スマホを使うには、パケット通信料が定額になるオプション契約が必須です。でも、これまでの感覚からすると、月々5000円越えのパケット通信料は痛い出費です。そこで色々制限を加えることで月々のパケット通信料を安くあげるMVNO回線を導入する事にしました。

通信料を安くするには制限が必要

MVNO回線のプランには色々な制限がありますが、ほぼ共通しているのは通話が出来ないということです。通話に関しては、未だにケータイも持っているので私は無くても全く問題ありません。どうしても必要であれば、050PLUSのようなIP電話アプリを導入して通話する事も可能なようです。

料金がもっとも安くなるのは、通信速度を制限するプランです。この代表例は、イオンの980円プランです。速度を制限するプランは、最高速度を約100Kbpsに制限することで月々約1000円に抑えるのが一般的です。このプランを紹介するWebや雑誌の記事では、Twitterやメールなど文字中心のアプリであればそれほどストレスないという感想が書かれています。しかし、今回速度テストで実効速度約300kbpsの回線を使ってみましたが、常に通信完了を待つ感じでかなりストレスを感じました。

もっとも一般的なMVNO回線のプランは、通信速度は制限しないが月の通信量を1GBに制限する約3000円のプランです。ただし通信速度に制限は無いと言っても、それは3G通信での話でLTEサービスは使えないものがほとんどです。このプランには、Biglobe 3Gのデイタイムプランという使える時間帯も制限することでさらに安くできるプランもあります。

私の通信量は、だいたい月に200MBから300MB程度でした。動画をダウンロードして見ることはありませんが、アプリのダウンロードやアップデートなどを含め特に節約を意識しないで使ってもその程度です。よって月に1GBであれば不足する心配は全くありません。むしろもっと容量を制限して安くしてほしい位です。

通信速度の制限は耐えられないのでIIJmioの「高速モバイル/D」を導入

通信速度を制限するプランは、いくら安いと言ってもスマホの便利さ・楽しさの一部を我慢する必要があるので、速度は制限したくありません。そこで通信速度は制限しないが通信量が1GBまでというMVNO回線のもっとも一般的なプランから選ぶ事にしました。

夜はパソコンを使うことがほとんどなので、当初はBiglobeのデイタイムプランにしようと思ったのですが、人気すぎて新規受け付けが停止されていたので諦めました。そうしたところIIJmioの「高速モバイル/D」というプランの評判が良い事を知りました。

「高速モバイル/D」の特徴

速度制限無しを謳うプランでもユーザ数が多いと実効速度が遅くなってしまいますが、IIJmioは他の速度制限無しのプランよりも実効速度が速いということです。さらに速度制限のあるもっとも安いプランにしておいても、クーポンを購入することで100MB単位で速度制限を無くせる。また3Gでの通信だけでなくLTEでの通信にも対応し、こちらも速度制限を解除できる。またMVNO回線の契約でも2年間縛りがあったりしますが、IIJmioは契約した次の月末までという非常に緩い縛りなのも特徴です。

そこでIIJmioの「高速モバイル/D」のミニマムスタート128プランに追加クーポンを足すのが一番良さそうに思えました。ただし実際には、初めから1GBにクーポンが付いているファミリーシェア1GBプランを契約しました。ファミリーシェア1GBプランは、SIMカードを一契約で最大3枚発行してもらえるのも特徴です。

IIJmioに申し込みから4日でSIMカードが到着

IIJmioは、申し込みからSIMカードが届くまでに少し時間がかかります。私の場合は、4月1日(日曜日)の夜に配達日の指定無しで申し込んだところ、SIMカードは4月5日(木曜日)に届きました。配達日の指定をする場合は、申し込みの一週間後以降の日付を指定できるようです。例えば4月1日に申し込んだ私の場合は、配達日を指定すると最速で4月7日でした。またiPhoneなどに使われているmicroSIMカードを選択すると、配達が標準SIMカードより2,3日遅くなるという注意書きがありました。

SIMカードが届いたら送られてきたSIMカードをセットして説明に従ってアクセスポイントを変更するだけで、当たり前ですが普通に通信する事が出来ました。

ただし一部の端末では電波の強さを示すアンテナアイコンが表示されず、常に圏外と認識される問題があるとのことです。実際私のGalaxy NEXUS(SC-04D)でも常に圏外表示になっています。圏外表示になるのは気分的には良くありませんが、通信には問題ありません。この問題は、root化すると解消できますが、とりあえずは無視します。

「高速モバイル/D」の通信速度は?

MVNOサービスでもっとも気になるのは、通信速度です。親回線よりも遅くなるのは仕方が無いとしても、できるだけ速いに越したことはありません。実際にMVNO回線を使っての体感的には、IIJmimとdocomoで通信速度に差を感じることはありません。ただしMVNO回線を使ったサービスの老舗b-mobileの1GBプランを比較として試してみましたが、こちらはdocomo比べて遅いことがハッキリと体感できました。

実際の通信速度はどの程度なのか、実効通信速度を簡単に計測してみました。通信速度を測定するアプリもありますが、今回はBNRスピードテストを使用しました。BNRスピードテストで各回線の通信速度を三回ずつ最高速度を測定し、最高速度の平均を比較しました。

Docomo IIJmio b-mobile
月曜日 午後3時台
(Mbps)
1.15 1.36 0.27
金曜日 午後9時台
(Mbps)
0.39 0.33 0.13
土曜日 午前5時台
(Mbps)
2.35 2.07 1.62
土曜日 午前11時台
(Mbps)

0.41 0.90 0.23

IIJmioの「高速モバイル/D」は、Docomo回線と遜色なし

土曜日の早朝は、どのプランも1.6Mbps以上の速度が出ています。b-mobileが多少遅いもののdocomoとほぼ同じ速度であることから、IIJmioとb-mobileは宣伝通り通信速度を制限していないことが確かめられました。

また金曜日の午後9時台に測定した結果では、どの回線も最高速度が非常に遅くなっています。これはBiglobeのデイタイムプランの使えない時間帯であり、通信量が多い時間帯だと考えられます。docomoとIIJmioの通信速度にあまり差が無いことから、通信量が多い時間帯でもMVNO回線だからといって制限されることは無いことが分かります。

通信速度の測定結果をまとめると、IIJmioの実効通信速度はdocomoと遜色が無いことが分かりました。しかしb-mobileの実効通信速度は常にIIJmioやdocomoよりも明らかに遅いことが分かりました。この実効通信速度の差は、docomoから借りている回線に対するユーザ密度の差によるものと考えられます。このためIIJmioも今後のユーザ数増加に回線容量の増加が追いつかないと実効通信速度の低下が起こると考えられます。

現在の段階では、IIJmioはdocomo回線と遜色のない実効通信速度が出ており非常に満足しています。また今回は最初から1GB分のクーポンが付いたファミリーシェア1GBプランを選びましたが、月々の通信量が300MB未満ならばミニマムスタート128プランに追加クーポンを購入することで通信速度と値段の両面で他社よりもお得になると思います。

IIJmioの「高速モバイル/D」に欠点は無いの?

あまり褒めすぎると褒め殺しか宣伝目的と思われてしまうので、欠点も書いておきます。

ファミリーシェア1GBプランは、一契約で最大SIMカードを三枚発行できますが、組み合わせと枚数は契約時に固定されてしまいます。とりあえず必要なSIMカード数で契約して、合計が3枚以下でも追加でSIMカードを発行する事はできません。同様に標準SIMカードとmicroSIMカードを相互に変更することはできません。そのような時は一度解約して新たに契約が必要となります。