virbr0を削除する


KVMのdefaultネットワークが作るvirbr0を削除します。

UbuntuにKVMをインストールすると、漏れなくvirbr0が作成されます。このインタフェースを使えばKVMゲストは、DHCHサーバの機能でIPアドレスが自動で割り振られ、外部ともNATを通して通信できます。

しかし外部からゲストに接続するには、このインタフェースよりも新たにブリッジインタフェースを作成した方が簡単でパフォーマンスも良くなります。そこで使わないインタフェースを残しておいても無駄なので、virbr0を削除します。

ネットワークの状態を確認する

KVMが管理しているネットワークの情報は、次のコマンドで調べられます。

% virsh net-list
Name                 State      Autostart
-----------------------------------------
default              active     yes

defaultネットワークが有効になっていて、起動と同時に作成されるようになっています。

このdefaultネットワークがvirbr0を作っているか確認しておきます。

% virsh net-dumpxml default
<network>
  <name>default</name>
  <uuid>8ad90928-22a5-38f5-4927-1932584efb64</uuid>
  <forward mode='nat'/>
  <bridge name='virbr0' stp='on' delay='0' />
  <ip address='192.168.122.1' netmask='255.255.255.0'>
    <dhcp>
      <range start='192.168.122.2' end='192.168.122.254' />
    </dhcp>
  </ip>
</network>

間違いなくdefaultネットワークがvirbr0インタフェースを作っています。

virbr0を削除する

virbr0を削除するにはdefaultネットワークを削除します。

% virsh net-destroy default
Network default destroyed

virbr0が再起動したときに作成されないようにする

virbr0は、再起動すると自動的に作成されるようになっています。そのため再起動しても自動的にdefaultネットワークが作られないように設定を変えておく必要があります。

% virsh net-autostart default --disable
Network default unmarked as autostarted

defaultネットワークの設定確認

ネットワークが削除されて、再起動しても作成されないようになっているか確認します。削除されたネットワークなので、状態を表示させるのに–allオプションが必要になります。

% virsh net-list --all
Name                 State      Autostart
-----------------------------------------
default              inactive   no

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です